敏感肌とは?

人の肌というのは、それぞれに違う性質を持っています。

大きく分けて普通肌敏感肌乾燥肌オイリー肌混合肌と分類されますが、特にこの中でも悩みが深いのが敏感肌ではないでしょうか。

程度の差こそあれ、敏感肌がひどい方は基礎化粧品一つ選ぶにも大変というのですから・・・。

では、この敏感肌というのはどんな肌をいうのでしょうか?

一般的には、化粧品や洗剤、衣類などが肌に触れた際、普通の肌の人よりも過剰に反応してしまう肌質の人をいいます。

これらの刺激で、肌荒れ赤みピリピリとした痛みといった症状が表れます。

そんな敏感肌に悩む人のために、最近ではスキンケアやメーク用品に敏感肌用というのが増えてきています。しかし、中には敏感肌でない人でも使っていることがあるそうです。

肌質ごとに合わせて作られた化粧品では、その成分内容が異なってきます。
これは時としてトラブルの原因になることもあり、肌質によっては敏感肌へと変えることもありますので、自分の肌質にあった化粧品を使うようにします。

敏感肌の人は、ちょっとした成分が刺激となってしまいますから、基本的にはアルコール香料着色料入っていないものを選ぶと安心です。

とはいえ、たとえ敏感肌用と表示されていたとしても、使う前には必ずパッチテストをしておくようにします。敏感肌と表記されていたとしても、もしかしたら自分の肌には合わないものが入っているかもしれないのですから。

敏感肌ケアを早くから行うことによって、目元のクマやシミ、くすみなどのお肌トラブルのケアにも効果的です。くま治療やシミの消去などの際もケアしていたことによって状況が変わってくるようです。

参考サイト