敏感肌とはこんな肌

最近、増えている敏感肌。

化粧品や洗剤、衣類などが刺激となってピリピリ赤くなってしまったり、肌荒れを起こしたりとなかなか大変です。

敏感肌というのは、ちょっとした刺激で肌トラブルを起こしやすくなっている肌質のことをいいます。

敏感肌の人の皮膚は角質の水分保持能力が著しく低下しており、表面にある皮脂膜が不十分となっているのです。

ですから、どうしても外部からの刺激に弱くなってしまうのです。

また、角質層の全脂質の4~6割は占めるほどの重要な成分”セラミド”
敏感肌の人は、この細胞間脂質であるセラミドも不足してしまっています。

セラミドが不足するということは、お肌を守る機能が低下しているということ。

バリア機能が不十分となっていますので、ウイルスやアレルゲンが容易に浸入しやすく、炎症も起こりやすい状態であるということなのです。

敏感肌とアレルギーの関係

アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の肌質に似ている、敏感肌の症状。

実は、敏感肌はアレルギーや遺伝的な体質が誘発原因となっていることもあるといわれています。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の人は、刺激物が角質層にまで浸入するとそれに免疫反応が過剰に反応。防御対策として皮膚が炎症をおこします

普通の人にはなんでもないものが刺激物となって過剰に反応してしまうのは、敏感肌とも酷似しています。